2016年11月11日

子牛セリ市

今月の熊本県家畜市場のあか牛の子牛セリ市(毎月第1水曜日)成績の平均価格を見て驚いた。
先月比、雌でプラス約5万円の80万円(税込)、去勢がプラス約7万の89万9千円(税込)だった。

現在がいかに異常な価格高騰になっているかを見るために、2010年迄さかのぼってみた。
黒毛和牛も上がっているのだが、あか牛だけを調べてみた。

「熊本県家畜市場ホームページより」
(金額は(税込)1万円以下は切捨てて表示した)
2016年10月 雌 約80万円、去勢 約89万円
2016年1月 雌 約62万円、去勢 約76万円
2015年1月 雌 約48万円、去勢 約57万円
2014年1月 雌 約43万円、去勢 約48万円
2013年1月 雌 約37万円、去勢 約42万円
2012年1月 雌 約30万円、去勢 約32万円
2011年1月 雌 約33万円、去勢 約37万円
2010年1月 雌 約22万円、去勢 約30万円

結果を見ると、去年から上げ幅が急激に大きくなっており、現在もまだ上昇が続いている。
今月の熊本県家畜市場の子牛セリの平均価格では、黒毛和牛よりもあか牛の方が高くなっている。
子牛セリ平均価格で黒毛和種と褐毛和種が逆転したのは、史上初めてではないだろうか?
posted by さわやかビーフ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443809012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック