2016年11月11日

子牛セリ市

今月の熊本県家畜市場のあか牛の子牛セリ市(毎月第1水曜日)成績の平均価格を見て驚いた。
先月比、雌でプラス約5万円の80万円(税込)、去勢がプラス約7万の89万9千円(税込)だった。

現在がいかに異常な価格高騰になっているかを見るために、2010年迄さかのぼってみた。
黒毛和牛も上がっているのだが、あか牛だけを調べてみた。

「熊本県家畜市場ホームページより」
(金額は(税込)1万円以下は切捨てて表示した)
2016年10月 雌 約80万円、去勢 約89万円
2016年1月 雌 約62万円、去勢 約76万円
2015年1月 雌 約48万円、去勢 約57万円
2014年1月 雌 約43万円、去勢 約48万円
2013年1月 雌 約37万円、去勢 約42万円
2012年1月 雌 約30万円、去勢 約32万円
2011年1月 雌 約33万円、去勢 約37万円
2010年1月 雌 約22万円、去勢 約30万円

結果を見ると、去年から上げ幅が急激に大きくなっており、現在もまだ上昇が続いている。
今月の熊本県家畜市場の子牛セリの平均価格では、黒毛和牛よりもあか牛の方が高くなっている。
子牛セリ平均価格で黒毛和種と褐毛和種が逆転したのは、史上初めてではないだろうか?
posted by さわやかビーフ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

あか牛とカラス

あか牛の背中にカラスが・・・
RIMG0019.JPG


RIMG0024.JPG
posted by さわやかビーフ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

放牧風景

緑の中で茶色く見えるのは、枯れたワラビである。
牛はワラビが毒と知っているようで、ワラビは食べない。
原野に牛を放牧していても、写真のようにワラビはいっぱい残っている。

あか牛(メス親)の放牧風景
RIMG0002.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

水飲み

水飲み
RIMG0007.JPG


RIMG0006.JPG


posted by さわやかビーフ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

あか牛

間違って道路に出ていたあか牛
RIMG0002.JPG

水飲み場
RIMG0005.JPG

茅(かや)の中
RIMG0009.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

放牧牛

阿蘇を訪れた都会の皆さんは勘違いしていることが多いが、野原で目にするほとんどの放牧牛は繁殖用母牛である。
普通、肉になる子牛は牛舎飼いで肥育しているが、放牧肥育をしている生産者もわずかながらいる。
ただし、太りが悪いので出荷するのに数ヶ月よけいに肥育する必要がある。

それと、牧草や野草を主な飼料とした場合、見た目などに特徴があり評価も低いので、そういう肥育をしている生産者は少ない。

それと、放牧牛といっても、みな同じではなく種類がある。
完全に牧草や野草だけを給餌した牛と、牧草や野草と配合飼料も給餌した牛に分けられる。

配合飼料主体で肥育した牛と放牧肥育牛では、見た目も違うが味や硬さも違うらしく、「旨い」「不味い」両方の意見があるようだ。

夜間の放牧母牛
RIMG0006.JPG
posted by さわやかビーフ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

あか牛

昨日は遠くで雷がなったりした夕立があったので、
「今日もあるかな?」と思っていたら、
やっぱり、大したことはなかったがパラっときた。

「夕立は3日続く」というので、
明日もあるかも?

あか牛
RIMG0006.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

野草

来週の21日は、草研(草地畜産研究所)生産の放牧牛が
出荷される。

6月に仕入れたのは、牧乾草の放牧肥育牛だったが、
今回のは、野草放牧肥育の牛である。

どこが違うのかというと読んで字のごとく、
野草とは、カヤなどの自然に生えている草であり、
牧草は、家畜の飼料用に栽培された草である。

牧草と野草の字を見た感じでは、
牧草のほうが栄養価がたかそうな気がするが?
posted by さわやかビーフ at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

あか牛

メスの親牛
RIMG0001.JPG


RIMG0007.JPG
posted by さわやかビーフ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

あか牛

あか牛

RIMG0017.JPG


RIMG0015.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする