2016年10月03日

放牧風景

緑の中で茶色く見えるのは、枯れたワラビである。
牛はワラビが毒と知っているようで、ワラビは食べない。
原野に牛を放牧していても、写真のようにワラビはいっぱい残っている。

あか牛(メス親)の放牧風景
RIMG0002.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

水飲み

水飲み
RIMG0007.JPG


RIMG0006.JPG


posted by さわやかビーフ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

あか牛

間違って道路に出ていたあか牛
RIMG0002.JPG

水飲み場
RIMG0005.JPG

茅(かや)の中
RIMG0009.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

放牧牛

阿蘇を訪れた都会の皆さんは勘違いしていることが多いが、野原で目にするほとんどの放牧牛は繁殖用母牛である。
普通、肉になる子牛は牛舎飼いで肥育しているが、放牧肥育をしている生産者もわずかながらいる。
ただし、太りが悪いので出荷するのに数ヶ月よけいに肥育する必要がある。

それと、牧草や野草を主な飼料とした場合、見た目などに特徴があり評価も低いので、そういう肥育をしている生産者は少ない。

それと、放牧牛といっても、みな同じではなく種類がある。
完全に牧草や野草だけを給餌した牛と、牧草や野草と配合飼料も給餌した牛に分けられる。

配合飼料主体で肥育した牛と放牧肥育牛では、見た目も違うが味や硬さも違うらしく、「旨い」「不味い」両方の意見があるようだ。

夜間の放牧母牛
RIMG0006.JPG
posted by さわやかビーフ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

あか牛

昨日は遠くで雷がなったりした夕立があったので、
「今日もあるかな?」と思っていたら、
やっぱり、大したことはなかったがパラっときた。

「夕立は3日続く」というので、
明日もあるかも?

あか牛
RIMG0006.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

野草

来週の21日は、草研(草地畜産研究所)生産の放牧牛が
出荷される。

6月に仕入れたのは、牧乾草の放牧肥育牛だったが、
今回のは、野草放牧肥育の牛である。

どこが違うのかというと読んで字のごとく、
野草とは、カヤなどの自然に生えている草であり、
牧草は、家畜の飼料用に栽培された草である。

牧草と野草の字を見た感じでは、
牧草のほうが栄養価がたかそうな気がするが?
posted by さわやかビーフ at 19:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

あか牛

メスの親牛
RIMG0001.JPG


RIMG0007.JPG
posted by さわやかビーフ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

あか牛

あか牛

RIMG0017.JPG


RIMG0015.JPG
posted by さわやかビーフ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

仕入れ

売れ行きを考えて、昨年の12月は仕入れをしなかったので、
1月は、取引先の業務店用の部分肉の在庫はなかった。

注文があったお得意様には、申し訳ないが入荷するまで
待ってもらっている。

12月の段階では、1月の初めに草研(草地畜産研究所)が
放牧牛を出荷するので、1頭購入することになっていたが、
その後、月末の1月29日に出荷すると連絡があっていた。

ところが、その日は数日前からの雪で道路状況が悪く
動けないので、1週間延びることになった。

それで、たぶん今日出荷したはずである。
だとしたら、2月9日が受け取りになる。

取引の業務店さんにはずいぶん待ってもらっているが、
まだ確定ではないので連絡はしていない。
posted by さわやかビーフ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

家畜市場

1月6日の熊本家畜市場で、褐毛和種子牛去勢の平均価格は
76万だったらしい。

落ち着くどころか、まだまだ上がり続けている。
30万前後だった数年前に比べると、倍以上になっている。

肉屋の立場としては、もう諦めてただ眺めるしかない。
どこまで上がるのだろう?
枝肉価格もたぶん、まだ上がるのだろう?

前回は抑えて値上げしたので、また値上げすることになる。
買いたい人がためらうような価格では、正直、厳しい(-_-)
posted by さわやかビーフ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 牛、牛肉 | 更新情報をチェックする